芝生のタネを蒔きました

先日、ホームセンターで購入した芝生のタネを蒔きました。

庭土に腐葉土を混ぜて、土壌改良するところからDIYしました。

土壌改良

まずは土壌改良です。

ホームセンターで購入した腐葉土を庭に広げていきます。

ひろげた腐葉土を、耕運機で耕しながら庭土と混ぜ込んでいきます。

耕運機のエンジンがなかなか動いてくれなくて、少し苦戦しました。

犬たちも興味津々で、私の農作業を見守ってくれています。

耕し始めると、リンダは立ち上がって見ていました。

犬たちにとって、耕運機は大型犬のようなものなのでしょうか。

唸り声を上げながら、庭を耕す耕運機に、ヴィッキーもリンダも吠えっぱなしでした。

耕した庭

おおよそ1時間ほどの作業で、庭一面を耕し終わりました。

水はけを考慮して、少し勾配を付けました。

我ながら、うまくできたと満足しています。

タネ蒔き

土が出来上がったので、タネを蒔いていきます。

芝生のタネは、見た目がクミンと似ていて、細長い形をしています。

このままスパイスに使いたくなるような見た目をしています。

耕した庭に、無造作にパラパラっとタネを蒔きました。

ひとまず作業は完了しました。

芝生のタネは1~2週間で発芽するようなのですが、朝晩しっかり水を与えて、面倒を見ていきます。

青々とした芝生に育ってくれることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です