リンダの避妊手術を検討中

リンダの避妊手術を検討しています。


ヴィッキーは生後6か月を迎える前に、去勢手術を済ませました。

当初、家族にジャックラッセルテリアが増えることは、私たちにとって大きな負担になると考えていました。

実際に多頭飼い生活を開始してみると、楽しみの方が大きく、リンダの子供を育ててみたい、という思いが芽生えています。

避妊手術のメリット

避妊手術には犬の健康面で大きなメリットがあります。

成犬期や高齢期に、下記の疾患を予防することができます。

  • 乳腺腫瘍
  • 子宮蓄膿症
  • 卵巣腫瘍

リンダの健康面のことを考えると、手術した方が良いです。

決断のリミット

3回目の発情期を迎えると、上記のメリットは得られなくなるそうです。

犬の発情期は6~8カ月ごとに周期的に繰り返されるようです。

避妊手術の決断は2歳がリミットでしょう。

相手探しが大変

リンダの相手はジャックラッセルテリアが理想ですが、去勢していないジャックラッセルテリアはとても珍しく、見つけることが困難です。

また、リミットの2歳までに相手が見つからなかった事を考えると、早めに避妊手術を決断すべきとも思います。

しばらくは相手を探しながら、避妊手術をどうするか検討します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です