ジャックラッセルテリアの飼い方(我が家)

たまに「本当はジャックを飼いたい」とおっしゃる飼主さんに、出会うことがあります。

一般的に、ジャックラッセルテリアの飼育は難易度が高く、敬遠される傾向があります。

我が家ではジャックラッセルテリアの多頭飼いを、とても楽しく過ごすことができています。

多頭飼いまでの過程

1匹目のヴィッキーは2017年4月5日に迎え入れました。

2匹目のリンダは2017年11月1日に迎え入れています。

一日のスケジュール

平日のスケジュールは、だいたいこのような感じです。

5:30起床
6:00散歩(30分)
6:30朝ごはん
8:00リンダキャリーに入る
10:00留守番開始
15:30留守番終了
(妻が帰宅)
16:00散歩(60分)
18:00晩ごはん
23:00就寝

散歩

ジャックラッセルテリアは、外でたくさん遊ばせて、ストレスを溜めないことが重要です。

我が家の散歩時間は、朝の30分と、夕方の60分で、合計して1時間30分ほどです。

季節によって多少の変動はありますが、飼主にとっては、結構な負担です。

ストレスが溜まると性格が凶暴になり、飼主に噛みついたり、家具を壊したり、トラブルの原因になります。

毎日の散歩は大変なので、夫婦で協力しています。

ドッグフード

ドッグフードは試行錯誤を重ねた結果、パーティアニマルに落ち着きました。
ヴィッキーのフード
モグワン
パーティアニマル
納豆でRowFeeding
朝・晩の2回で、60g×2回=120g与えています。

2匹の体重は5kg前後で落ち着いています。

ジャックラッセルテリアは運動量が多いので、もう少しドッグフードの量を増やしても問題はありません。

犬たちの食生活は、できるだけオーガニックなものを与えるよう意識しています。

お留守番

昼間は2匹とも、お留守番させています。

ヴィッキーは、リビングでフリーにしています。

リンダは、キャリーの中でお留守番しています。

約5時間30分の長いお留守番ですが、2匹ともトイレは我慢してくれています。

帰宅時、部屋が汚れていることは、ほとんどありません。

就寝

ヴィッキーは、私たちと一緒にベッドで寝ています。

リンダは、キャリーで寝ています。

ヴィッキーは、私たちと一緒じゃないと落ち着かないタイプです。

リンダは、キャリーの中の方が落ち着けるタイプなので、このままのスタイルを続けるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です