犬の生理について

リンダが生後11か月目で、初めての生理を迎えました。

私たちにとっても、メス犬の生理は初めてのことです。

飼主として何をすればよいのか、分からなかったので、動物病院で相談しました。

はじめての生理

メス犬は生後10ヵ月ぐらいになると、必ず生理になります。

生理を迎えるタイミングは、個体差があり、だいたい生後10ヵ月目が目安だそうです。

また、一般的に犬の生理は「ヒート」と呼ばれています。

生理の症状

主な生理の症状は、次のようなものがあります。

  • 外陰部の腫れ
  • 食欲不振
  • 出血
  • 落ち着きが無くなる

リンダは外陰部の腫れと、少量の出血が見られました。

いつまで生理なの?

生理の期間はおおよそ10日間で、そのあいだ出血が続きます。

生理が終わると発情期を迎え、妊娠できる状態になります。

発情期の期間もおおよそ10日間です。

発情期間は、ドッグランなどでオス犬との接触は避けた方が良いです。

出血について

生理時の出血量にも個体差があって、ほとんど出血がない犬もいるようです。

出血量は生理開始時にピークを迎え、徐々に減っていきます。

リンダの出血量は少ない方で、床にチョンチョンと血液が落ちる程度でした。

出血が1ヵ月以上続く場合は、ホルモン異常の可能性があるので、病院で診てもらった方がよいです。

オムツについて

生理の出血が気になり、オムツをすることがあると思いますが、少し注意が必要です。

血液は細菌のエサになるので、オムツで覆ってしまうと、オムツの中で細菌が繁殖してしまいます。

オムツをすることで、膀胱炎などの病気の可能性があるので、我が家ではオムツをしていません。

想像妊娠

発情期が終わると、想像妊娠の期間になります。

想像妊娠になると、乳房が膨らむなど、妊娠と同じような症状が見られます。

これは、女性ホルモンの働きなので、正常な状態です。

多頭飼いの心配

我が家では多頭飼いなので、オス犬(ヴィッキー)への影響が心配です。

ヴィッキーも男なので、リンダに対してどのような振る舞いをするのか分かりません。

今のところ、リンダの血をなめたり、匂いを嗅いだり、少し気にしている様子です。

今のところ、2匹を隔離する必要はなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です