芝生のタネ

先日、ホームセンターで野菜のタネを探していると、芝生のタネを発見しました。

芝生のタネが存在することを知らなかったので、とても驚きました。

コストパフォーマンス

今回見つけた芝生のタネは、5坪分で1,280円でした。

ロールや、束で売られている芝生は、1坪分で500円~1,000円なので、かなりお買い得です。

とりあえず、20坪分を購入しましたが、それでも5,000円程度。

当初、芝生だけで20,000円くらいの予算を見ていましたが、半分以下の予算で済みました。

管理が大変な西洋芝


西洋芝は成長が早く、一般的に管理が大変だと言われています。

西洋芝に対して、野芝や高麗芝は成長が遅く、管理が楽です。

ところが、発芽率が低いのでタネは流通していません。

庭のドッグラン計画、手間はかけても、できる限りお金はかけず、DIYを進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です