オリーブの地植え

オリーブの鉢が風で倒れる

最近、オリーブの鉢が強風で倒れることが多いです。

このままだと、いつか枝が折れてしまいそうです。

そこで、地植えすることにしました。

用土づくりも含めて結構本格的にやりました。

地植えする穴を掘る

まず、地植えする場所に穴を掘ります。

穴の大きさは半径50cm、深さ60cm程を考えています。

20cmぐらい掘り進めると固い層が出てきました。オリーブ地植えの穴掘り1

この黒い層は見るからに固そうですが、スコップでは全く歯が立ちません。オリーブ地植えの穴掘り2

この日は、ここで作業中断です。

ツルハシ、剣先スコップで掘る

固い層に全く歯が立たず作業中断していましたが、実家からツルハシと剣先スコップを借りてきました。ツルハシ・剣先スコップこいつでガンガン掘り進めていきます。

黒い層は想像以上に固く、ツルハシでも骨が折れます。

石もチラホラでてきます。

こんなに大変だとは思っていませんでした。ツルハシでも骨が折れる

なんとか30分ほど掘り進めると、深さ約70cmの穴になりました。深さ約70cmの穴

オリーブの土づくり

オリーブの用土をつくっていきます。
土づくりの原料はコメリで入手しました。

  • 腐葉土14リットル×5袋
  • 赤玉土14リットル×5袋
  • 有機石灰

3,000円ほどですべて揃いました。
ヴィッキーも作業を見ています。オリーブの土づくり

有機石灰って便利

オリーブの用土に欠かせない石灰ですが、
その中でも有機石灰はすぐに植え付けができます。

当初は苦土石灰の使用を検討していました。

苦土石灰は散布後、最低1週間はおかないと植え付けができません。

土壌を緩やかにアルカリ性に変化させる有機石灰であれば、散布後すぐに植え付けができます。

用土にオリーブを植える

掘った穴の深さ20cmぐらいまで用土を入れ、その上にオリーブを置きます。用土にオリーブを植える
そしてオリーブの周りを用土で埋めました。

マイファザーが作業を手伝ってくれました。オリーブの周りを用土で埋める
最後に用土の上を山砂で埋めて、植え付けは終わりました。

キレイに仕上げることができました。オリーブ地植え完了
この後、たっぷり水を与えて作業終了です。
これで鉢が倒れる心配は無くなりました。

庭の緑地化、ドッグランに向けて第一歩を踏み出しました。

早く芝生を張りたい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です