フリーで留守番させてみました

分離不安症の経過ですが、少し変化がありました。
フリーで留守番させてみました

繰り返す鼻の傷

ケージに入れてお留守番させると、どうしても鼻に傷ができます。

ケージの中で暴れているのでしょう。

分離不安症の症状が改善する様子は全くありません。

フリーでお留守番させてみる

半分やけくそなのですが、思い切ってケージの外でお留守番させてみました。

フリーってやつです。

部屋がウンチまみれになったり、暴れて散らかってしまわないか、賭けです。

結果は・・・

初日は1か所おしっこをしていましたが、2日目は何もなし。

部屋は散らかっておらず、暴れた形跡もありません。

ヴィッキーには狭いケージより、フリーのお留守番が合っているのか。

しばらく様子を見ます

おそらく留守番中は大人しく寝ているのでしょう。

もし何かあればカメラでも設置して、留守番の様子を監視しようと思います。

やり方は犬それぞれ

今回、フリーでお留守番を試みました。

先日、犬は狭いところが落ち着くなどと教わりましたが、犬の好みもそれぞれです。

飼い犬にとって何が良いのかは、実践してみないと分かりません。

学ぶことも重要ですが、やはり実践することが大切です。やり方は犬それぞれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です