オリーブの挿し木・再挑戦

今日はオリーブの挿し木に再挑戦しました。

先日、湿度を保とうと、挿し木を密閉してみましたが、カビが発生して失敗に終わりました。

なかなかオリーブを増やすことができません。

秋の剪定

涼しくなってきたので、夏場に伸び放題だったオリーブを剪定しました。

切り取った枝は、水揚げして挿し木にします。

3時間、たっぷり水を吸わせます。

パーライトを使ってみる

今回は用土にパーライトを使用しました。

養分がある用土を使用すると、細菌の繁殖につながり、カビが発生します。

また、挿し木の発根に栄養は必要ないので、パーライトが挿し木の用土に最適という結論に至りました。

チプレッシーノ、ピアクル、マンザニロ、ネバディブロンコの4種を挿し木にしました。

全部で115本となり、かなり気合を入れました。

書斎の棚に並べたところ、本が置けなくなってしまいました。

ローズマリーなど

今回は、オリーブ以外の植物も挿し木にしました。

ローズマリー、ユーカリ、レモンティーツリー、セージ、カレープラントの5種と、かなりバリエーション豊富です。

これらのハーブはオリーブと比較すると、発根する確率が高いので、みんな根が張ってくれることを期待しています。

これから冬が来ますが、その先の春に向けて楽しみが増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です