犬用キャリー

先日からの分離不安症ですが、根本的な対策ができていません。

キャリーでお留守番

たまたま犬の習性を知る機会があり、ヴィッキーのお留守番を見直すことを考えました。

お留守番はこちらの犬用のキャリーを使うことに決めました。犬用のキャリー

狭いキャリーを使うことに決めたのですが、以下の犬の習性を学びました。

犬は狭いところの方が落ち着く

人間の視点から考えると、自分の部屋は広い方が嬉しいと思います。

また、狭い部屋=牢屋など閉じ込める場所をイメージすると思います。

犬の視点で考えると、「狭い場所」
 =「動ける・見える範囲が狭い」
 =「守る(気を遣う)範囲が狭い」
すなわち、安心するとのことです。

犬は元々は洞穴などで休む習性があるので、狭い場所の方がリラックスして休むことができます。

犬は意外とデリケート

犬は休む場所とトイレを区別していて、本能的に排泄物から離れる習性があります。

犬が休む場所とトイレが一緒になっている状態は、犬の本能を考えるとよい環境ではありません。

人間に置き換えて考えてみても、ベッドとトイレが同じ部屋というのは嫌です。

間違ったやり方

今はサークル内にトイレを配置して、サークル内でヴィッキーを留守番させていました。

これはペットショップのショーケースを参考にしました。

今回、犬の習性を知りましたが、今のやり方は良い環境ではないことが分かりました。

キャリーでお留守番
思い切って環境を変えました。

このキャリーで洞穴のようにリラックスしてお留守番してもらいたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です